曙産業について

会社情報

会社名
株式会社曙産業
代表取締役
大山 剛
資本金
1000万円
従業員数
55名
取引先銀行
第四銀行燕支店 三条信用金庫燕三条支店 日本政策金融公庫新潟支店
所在地
〒959-1234
新潟県燕市南一丁目2番11号
電話番号 / FAX番号
0256-63-5071 / 0256-64-2288
営業時間
8:15~17:30
事業内容
商品企画からモデル製作、金型製造、プラスチック射出成形、二次加工、組立まで社内一貫生産
所属団体
新潟県プラスチック工業振興会燕支部 一般社団法人東日本プラスチック製品工業協会新潟支部 燕商工会議所 財団法人新潟県食品衛生協会(六朝館)

事業所・工場

本社・第一工場・金型工場

所在地
〒959-1234新潟県燕市南一丁目2番11号
TEL / FAX
0256-63-5071/ 0256-64-2288

第二工場

所在地
〒959-1234新潟県燕市南五丁目11番36号
TEL / FAX
0256-64-8111/ 0256-64-8112

配送センター

所在地
〒959-1232新潟県燕市井土巻ニ丁目7番地
TEL / FAX
0256-66-5770/ 0256-66-5771

井土巻物流倉庫

所在地
〒959-1232新潟県燕市井土巻二丁目346
TEL / FAX
0256-66-2960

東京ショールーム

所在地
〒162-0805東京都新宿区矢来町114番地 高橋ビル4階N号室
TEL / FAX
03-6265-3134 / 03-6265-3135

社長紹介

大山 剛
  • ■ 株式会社曙産業 代表取締役
  • ■ 有限会社曙金型 代表取締役
ものが溢れ、情報・技術がめまぐるしく変化していくなか、アケボノグループは創業以来の「創意工夫」をモットーとし、プラスチック製家庭日用品市場に向かって何を提供すべきか、日々全社一丸となって模索しています。
常に顧客ニーズに根差した「品質確かな、少し新しいもの」をお届けできる、提案型メーカーをめざし鋭意努めています。

会長紹介

大山 治郎
  • ■ 株式会社曙産業 取締役会長
  • ■ 有限会社曙金型 取締役会長
  • ■ 大山治郎コレクション美術館 代表
40数年間、学校、地域PTA、商工会議所、異業種交流会、各地成人式、新潟県自治研修所等で講演活動、その数1000回以上に上ります。

寿司屋のしゃもじからヒントをつかんだ大ヒット商品「ご飯のこびりつかないマジックしゃもじ」をはじめ、「すべらないマジックトレー」「冷凍庫でつくる氷鉢」「同じ厚みで切れるパンスライサーケース」「万能調理器キッチンパック」等、自らのちょっとしたアイデアから生まれたロングセラー商品が数多くあります。

幼少年時代の逆境を糧に、まさに燕地場産業の厳しさとあたたかさの中で活かされ、地場産業を通じた「ものづくり・創造性」のなかで鍛えられてきたように思います。

余暇においては野球・スキー・ボーリング・ゴルフ等幅広くスポーツに親しんで来ました。また、ものづくりに役立てたい、絵を通じ感性を養いたいと始めた絵画コレクションも、今では「六朝館併設 大山治郎コレクション美術館」に展開し、地域の皆様に親しまれています。

市議会議員生活25年、議長職はじめ様々な公職にあって地域振興のため働き、引退後も自分を育ててくれた町への恩返しをと、微力ながら地域社会のため力を注いでいます。
好きな言葉、「試練も恵みなり」「すべてに学ぶ」。

会社理念

  • もの創りを通じ社会に貢献
  • 個性を生かし、人間性を尊重する経営体質
  • 地域社会と共生する企業モラルの確立

沿革

昭和27年(1952) 「大山研磨工場」誕生
昭和30年(1955) 「大山製作所」に改組 羽布製造を開始
昭和36年(1961) プレス機を利用した「自動箔押し機」を開発
姫フォークのプラスチック製ハンドルへの印刷を効率化させることに成功する
昭和37年(1962) プラスチック部門開始

研磨業からプラスチック製品製造業への転換

「ボンボンマドラー」「蝶々マドラー」
食のインスタント化が進み、インスタントコーヒー、粉末ジュースなどが登場したことに合わせ、その攪拌用に開発
昭和41年(1966) 「有限会社 曙産業」に改組 法人設立
昭和43年(1968) 「アケボノ石鹸箱」発売
昭和48年(1973) 本社工場完成
本工場の第一作は「キッチンパック」
刃を替えずに何種類もの調理ができる商品で大ヒットとなる
昭和50年(1975) 「パンスライサー」
第 8 回プラスチック優秀製品全国コンクール大会 特許庁長官賞 受賞
ボウリング大会を開催した際、パン屋の主人がパンを切るのに手間がかかり遅刻してきたことがヒントになった

「氷鉢」発売
東京のデパートで手作りの氷の皿が飛ぶように売れたことがヒントになった。「パンスライサー」と並んで会社発展の原動力となる
昭和51年(1976) 「クシベラ」発売
取引先の営業マンが、汗をぬぐったハンカチを靴べら替わりに使っていたことがヒントになった

「マジックトレー」発売
昭和53年(1978) 「株式会社 曙産業」に組織変更
昭和54年(1979) 「バニーポット」「サマーメイト」発売
昭和55年(1980) 金型部門を独立させ、「有限会社 曙金型」設立

「美術喫茶 六朝館」設立

「キュート」発売
昭和57年(1982) 大山治郎会長 (当時社長) 燕市議会議員補欠選挙で初当選
昭和63年(1989) 「リゾートクラブ」発売
昭和64年(1990) 「ラブリーハット」発売

「らくらくかあ」発売
平成3年(1991) 創業 40 周年記念 大山剛 (現・代表取締役) が専務取締役に就任

大山治郎会長 (当時社長) 燕市文化協会会長就任
平成4年(1992) 燕市初のギャラリー開設 収集絵画を展示
平成10年(1998) 「カラーマグ」発売
平成11年(1999) 「マジックしゃもじ」発売 大ヒットとなる
寿司屋のしゃもじはなぜごはんがくっつかないのか観察したところ、しゃもじの表面が使い込まれて凹凸になっていたことがヒントになった
平成12年(2000) 「マジックおにぎり型」発売

マジックしゃもじ模倣品に対し、不正競争防止法の仮処分および損害賠償申し立て手続きを行う
平成13年(2001) マジックしゃもじ不正競争防止法、和解成立
平成14年(2002) 安藤百福記念賞 最優秀賞受賞「ごはんのくっつかないしゃもじの発明」
平成15年(2003) 「チンしてチップス」発売
電子レンジの普及と当時ヘルシー志向が高まっていたことから、「油を使わないチップス」に焦点を当て、開発

大山治郎会長 (当時社長) 燕市議選 3 期連続トップ当選新潟県知事表彰 地方自治功労
平成16年(2004) 「レンジでゆでたまご」発売
平成17年(2005) ダブルエンボス特許登録
平成18年(2006) 大山治郎会長 燕市議引退 7 期 24 年間勤める
平成19年(2007) 営業センター (現・配送センター) 部門を新設

「レンジモチアミ」発売
電子レンジでお餅を加熱する際、陶器の皿を使うとお餅がくっついてしまう不満があった。プレートに「マジックしゃもじ」同様「ダブスエンボス加工」を施すことによりお餅のくっつかないプレートを作ることに成功した
平成20年(2008) 「サンドでパンだ」発売

大山治郎会長 旭日章受章 地方自治功労
平成21年(2009) 「米ピタクリップ」発売
平成22年(2010) 「bin8(ビンエイト)」発売

「美術喫茶六朝館 燕三条店」完成
平成25年(2013) 「カットできちゃうバターケース」発売
平成26年(2014) 「とびだせ!おすし」発売
既存品のにぎり寿司型に、さらに「おすしをつくる楽しさ・おもしろさ」が体感できるようなしかけをプラスして開発

第二工場 稼働開始
平成27年(2015) 「クリアティーポット」発売
平成28年(2016) 「ミラくるザル・ボウル」発売
平成29年(2017) 「コーヒーサーバーストロン」発売
平成30年(2018) 「モチスラ」発売

営業部の本社移転に伴い、「営業センター」を「配送センター」に名称変更

関連会社

プラスチック金型製造

弊社で製造する成形品のための、プラスチック射出成形金型の製造を行なっております。
設立年月
昭和55年(1980)
所在地
新潟県燕市南一丁目1番2号
TEL / FAX
0256-63-5071 / 0256-64-2288
従業員数
8名

家庭用雑貨品の企画・製造・販売

株式会社ジョインズ

各種家庭用雑貨品の企画・製造・販売、ならびにプラスチック製品の検品・包装を行っています。
設立年月
平成17年(2005)
所在地
新潟県燕市井土巻二丁目7番地
TEL / FAX
0256-66-5770 / 0256-66-5771
従業員数
4名

レストラン事業

ビストロ&cafe六朝館 / 大山治郎コレクション美術館

地域に根ざした飲食店の運営を致しております。厨房用品の製造も行う弊社にとって、現場の声を得る場でもあります。

設立年月
平成22年(2010)
所在地
新潟県燕市井土巻二丁目2番地
TEL
0256-66-3388
六朝館公式HP
http://www.rikuchoukan.jp/